dプログラムのニキビケア商品を使った感想

MENU

dプログラムのニキビケア商品を使った感想

 

 

私は中学生のころからニキビが酷く、悩んでいました。しかし、そのころはまだ、ニキビで皮膚科に行くという発想もなく。思春期だから仕方がない、思春期を過ぎればじきに治まると考えていました。
高校生になっても、ニキビが酷い状態が続き。大学生になっても、ニキビは治まりませんでした。

 

ニキビがよくできる部分は、口周りとおでこでした。口周りには、大きくて赤く腫れるタイプのニキビが、繰り返しできていました。口周りにニキビができると、とても目立つうえに、化粧をしてもごまかせません。そしてなにより、とても痛かったのです。
おでこには、小さなプツプツとしたニキビが沢山でき。気になって触ってしまうので、赤く腫れたりしていました。おでこのニキビは、前髪を作って隠していたのですが、その前髪がおでこに当たって刺激となってしまい、余計に酷くなってしまう始末。そのころ、そろそろお肌のお手入れをしなければと思い、化粧品を使い始めました。

 

 

 

元々敏感肌だったので、化粧品探しには苦労しました。そんな中出会ったのが、資生堂のdプログラムという、敏感肌の人専用の化粧品でした。dプログラムの化粧水・美容液には、いくつかの種類があり、そのなかにニキビ対策のものがありました。資生堂の販売員さんにカウンセリングをしてもらい、dプログラムのニキビ対策の化粧水・美容液を勧められ。それを使うようになってから、お肌の荒れがおさまり、ニキビも出来にくくなってきました。
思春期のニキビから大人ニキビへと移り変わっても、その化粧水・美容液を使い続けています。今では、お肌は綺麗ですし、本当に体調が悪いとき以外は、ニキビができることはありません。dプログラムの化粧水・美容液のおかげで、私のお肌はニキビのない綺麗なお肌になりました。使い続けてもう10年ほどが経ちます。本当に感謝しています。

 

ニキビにも色んな症状がある…人によって合う商品も様々、体験談付き商品レビューが参考になります!

関連ページ

DHC薬用アクネコントロールローションで普段のニキビがなくなりました
アクネ菌をやっつけてくれそうなDHC薬用アクネコントロールローションを朝の洗顔後、化粧を落とした後の拭き取り用として使い続けました。3か月位したら普段よく出来ていた小さいニキビが出来なくなっていました。自分に自信が持て、前を見て歩けるようになりました。
ニキビが出たらカンフレアでした
学生の頃から、ニキビが出たらゲランから発売されているカンフレアクリームのお世話になっていました。濃厚な肌色なので、ニキビの部分にそっとのせて伸ばすと赤みを上手くカバーしてくれるのでメイクの前の下地の代わりにもなってくれます。そして一晩くらいたったら早送りでニキビのいつもの過程が進み、早ければ一晩でウミを出してくれるのでブルーな気分の期間を短縮出来ます。使っていたのはやはり顔の中心ラインの鼻や口回りやアゴに出来たニキビ。慎重にカンフレアで対処して鎮めれば、跡にもなりにくくて良いと思います。