ニキビの特効薬はオロナイン!

MENU

学生時代から脂性肌で悩まされ、常に油とり紙を持参し、日に4回は洗顔して清潔な肌を保つように心がけていました。

 

 

しかしニキビはできるのです。それは肌状態だけでなく、毎日の食生活も大きく関係しています。日ごろから油っこい食品や甘いチョコレートをよく食べるとニキビはできやすくなります。食事は野菜を中心に魚や鶏肉を中心に摂るよう心がけるのがよいでしょう。また、ストレス過多でもニキビはできます。心身が疲れきっていたり、夜更かしもニキビのできやすい環境が整っていることになります。だからといって清潔を心がけて洗顔を日に何度もするとかえって必要な水分まで蒸発してしまい、その水分を補おうと肌が油をだそうとします。そしてまたそこで洗顔すると堂々巡りになります。洗顔も大切ですが、もっと大切なことは水分を十分に与えることです。さっぱりタイプの化粧水をたっぷり使い、肌になじませるようにつけます。その後与えた水分が蒸発しないように乳液で皮脂腺に蓋をします。それをつづけるだけでも肌の水分と油分のバランスが整えられニキビや吹き出物が出来にくい肌へと変わっていきます。

 

 

肌のお手入れとしては化粧水と乳液だけで十分です。それ以上に美容液やクリームをつけると肌に負担を与えてしまうおそれがあります。これだけ注意しても大切な日にニキビが出来てしまった場合の特効薬として、オロナインをお勧めします。オロナインは昔からある常備薬として知られていますが、その効能をよく理解して使用している人は少ないようです。ニキビの特効薬はオロナインです。清潔な肌にオロナインをほんの少しぬると1日から2日でなくなります。私は大人ニキビができ始めて初めてこの効能をしり、使うようになりました。是非一度試してはいかがでしょう?

関連ページ

プロアクティブは自分の肌質を見極めてからトライするべき
プロアクティブの使用感は毛穴をきれいにするというよりは、ピーリングのイメージ。最初は洗顔料のスクラブの多さに驚いたけど、洗いあがりのすっきり感がとってもいい。化粧水やクリームは、始め物足りなさがあったけど、慣れれば大丈夫でした。使い始めた翌日から、化粧のりがよくなったと感じました。